日常に戻るような、まだまだ忙しいままのような

さてさて…今日は生活支援や引っ越しの関係で不動産屋に行ってきたり、短期バイトの面接の応募電話をしたりと諸々動きましたが、一番すぐに動けるバイトの面接も明後日なので、明日はハローワーク通いの続きですね。
先ずは作品ポートフォリオ。
これはCD-ROMやUSBでデータだけ送るんじゃなく、プリントアウトしてすぐに見れた方が良いかなと。
面接まで行ったとして、目の前で広げられるのは少し恥ずかしいですけどね。

あとは職務経歴書。
これを企業毎に書き直す感じですね。
ただ、一社だけは蹴ろうと思っているので、その分の履歴書はそのまんま短期バイトの方に使いまわしちゃおうかなと(笑)
あっ…今気が付いた。
志望動機の部分、どうしようかな…?
思い切りその蹴ろうと思っている企業向けの趣味からのアピールしてるから、短期バイトの方の業務内容と全く噛み合わないし、「貴社の役に立てるかと〜」の意味がわからない(笑)

…まあ、書き足せばいいですかね。

労働時間がだんだん厳しくなるが仕事が終わらない

仕事が終わったら帰りたいなと思うのは普通の事だと私は思います。
必要以上に会社にいたいと思いません。何だか疲れるからです。
自分の時間を大切にしたいと思うのは当たり前な事であり、それは生きる上での権利だと私は思います。勿論、時と場合を選ぶのは必要です。仕事が忙しい繁盛期に権利だと言って有給を取るのはダメだと思うし、空気を読むのは大切だと思います。
なので、私は仕事が終わってから少し経ってから帰宅の途につきます。会社を出て何処かで時間を潰してもいいのですが、無駄なお金と労力を使うぐらいなら会社でボーっとしていた方がいいなと思います。
労務時間の問題がいつも横たわっています。私が所属している会社は守れって言うけれど、仕事量を考えたら守っていたら終わらないよなって言う事もしばしばあります。色んな事のバランスをとって自分が幸せだと思う様な人生を歩みたいなと思います。その為にも自分の好きな事をする時間は確保したいなと思ってしまいます。http://www.itolosa.co/vio.html