サッカー日本代表の長年の懸念がまたも露呈しました

サッカーW杯アジア予選のイラク戦が昨日行われ,前半早々に大迫選手のヘディングで先取点を挙げた日本代表が後半に追いつかれ引分けに終わりました。
自分は前半最初と後半途中から見ましたが,灼熱のアウェーで日本代表はよく健闘したと思います。
日本代表はミッドフィルダーにタレントを揃え,フォワードも大迫選手の覚醒で得点力はアップしています。
ただ長年の課題であるセンターバックの判断ミスと,ゴールキーパーの未熟さでイラクに1点を献上してしまいました。
キーパーはW杯2大会で川島選手が務めましたが凡ミスが多い事を露呈していますが,今年の代表試合でPKを止めてマスコミやファンに絶賛され正GKに復帰しましたが,やはりやってしまいました。
W杯に出場する殆どのチームは有能なキーパーがいます。
バックは人材不足ですがキーパーは他にも有能な選手がいるわけですから,親善試合でテストして早く世代交代をしないと代表チームがもうワンランク上に行けないので,早くその決断をして欲しいものです。