こんなものまで取り置く!でも何かの役立つんです

ボクにはスゴイ捨てられないものがあります。それは『箱詰め用紙と器物』『スイーツ屋ちゃんでプリンなどを買ったときにプリンがあるカップ』『ちっちゃな織地や用紙の切れ端』だ。

どうこんなものを取り置きたくなるのか自分でも不思議ですが、それぞれちゃんと役目があるので不思議です。まずは箱詰め用紙。これは工作に使います。2歳の幼児は工作が宝物。ただの無地の用紙を切って付けるより、箱詰め用紙のほうがボルテージ上がるみたいです。あとは、牛乳パックに張り付けて冷蔵庫の野菜室の野菜立てを作ったりする。顧客に見せられるようなかっこいいものではありませんが、野菜が倒れて欠けるので重宝しています。汚れたらまた新しく作れば良いという気軽さも個人的に好きです。

器物はわりとカチカチので、ヨーヨーキルト等の円形のフォルムをとったりできます。それから、幼児と玉書き入れ試合をしたりすることにも使えます。新聞を丸めた球を投げて器物の中に閉じ込めるだけなんですけど僅か盛り上がります。器物をたんまり用意して重ねて遊ぶのも面白いだ。

スイーツ屋ちゃんのカップは色んなことに使っています。内装としても愛らしいものが多いので、幼児の歯ブラシを入れたり、おままごとに使ったり、絵の具で遊ぶときの筆を洗う水を入れたりする。(勿論、歯ブラシ書き入れと絵の具の水書き入れはおんなじカップではしませんけれど。)

そしてちっちゃな用紙の切れ端と布の切れ端は手作りカードに張り付けたり、アルバムの添え物につかったりして楽しんでいます。

しかし、どこに保管しておくかが常に難題だ。決まったキャプチャー地方があるのですが、そこがいっぱいになったら再び精選して処分していらっしゃる。しかし今日その選り抜き事務をさぼっていらっしゃる・・、もう片づけなくては・・。