横の家庭の男児と一緒に種まきをしたときの対談

私のマンションは、住居のゼロ床だ。嬉しいことに隣家とも全く仲良くさせてもらっています。横にいる男児は、顔もさんざっぱら素晴らしいのですが本質も乳児らしくて眩しいのです。ある日俺がいちごのタネを買ってきたので、自ら種まきをしていると横から男児がでてきて「なにしてるの」と訊くのです。種まきだよというと、一緒にまきたいと言うので一緒にまくことにしました。いちごがとれるよと話すと、じゃあできたら教えてね。ボクはトマトを育てているから交換しようねと言ってくれました。男児の為にも、いちごを必ずや育てあげお嫁にださないとと思いました。側の男児は未だに幼稚園に通っている歳なのに、交換しようと言えてしっかりしているなと感心してしまいました。わが子は依然1年代なのですが、側の輩のように手厚く敢然としたこに育ってほしいなと感じたワンデイでした。ちなみに、日毎いちごの鉢には、話しかけて水をあげているので、ダディがそれを目撃したときにお断りよと言われてしまいました。ダディには必須いちごはあげないと誓ったのでした。ミュゼ 100円 予約